手拳打法

手拳打法

マッサージの手技の中に、叩打法という手技があります。手の指、腹の部分でリズムよく患者さんの体を打つ、叩くという感じで行うマッサージで、その力が身体の奥深くまで到達するような叩き方はよくないといいます。

 

 

 

関節をうまく動かし、相手の体をよく感じながら左右の手を使いリズミカルにたたくというもので、やっぱりマッサージ師さんによってうまい下手があるようです。熟練した方になると、患者さんの体の様子を自分の指で感じながら、強弱をうまくコントロールするようですね。

 

 

 

この方法の中に、手拳打法という方法があります。これは、軽く握った拳で患者さんの幹部をたたくというもので、これも、強弱が重要なマッサージになります。拳で叩くというと、痛いというイメージがありますが、リズムよく軽く流れるように叩いていくという方法なので、痛みなどは感じません。

 

 

 

手拳打法もうまい方にやってもらうと、体がほぐれてほか他暖かくなります。血液の循環がよくなり、スッキリしますよ。