マッサージの歴史

マッサージの歴史

マッサージは、もともとの語源は、揉むという意味のギリシャ語のマッシー、もしくはアラビア語のマスに、フランス語で操作するという意味のアジがそのあとについたものであると言われています。

 

難波 マッサージ

 

すでに紀元前にはそのマッサージという技術があったとはいえ、時代の変遷とともにだんだん忘れ去られ、民間の医療として細々と続けられているに過ぎなかったといいます。またマッサージが書物などに記載されるのはそれから長い時間をへて16世紀になります。フランスで、改めてマッサージの効能を記した論文が発表されるようになってからになります。

 

 

 

それから18世紀そして19世紀になると、スウェディッシュマッサージなどが提唱されることになり、よりマッサージは医学的、臨床の応用的な新しい部分の医療を担うようになりました。そして日本では、もともと奈良時代に中国から伝来して、すでに8世紀ごろには官職として按摩や鍼などの技術者がいたことがわかっています。またそれ以降は盲目の人の職業として民間でも広く行なわれていたようです。

 

 

 

按摩術は漢方医学の一部分として地位を築き、またその後の指圧の技術へと繋がっていきます。指圧自体が確立されたのは大正時代というのが定説です。割に指圧は最近の技術なのです。一つの民間医療として、日本人の生活にしっかり根付いていたのがマッサージ。

 

 

 

最近では和洋折衷なマッサージもみられるようになりました。そして治療よりもリラクゼーションに重きをおいた治療もあります。