血液とリンパの循環

血液とリンパの循環

血液とリンパの循環は、ほとんどのマッサージで大事にされていることです。その理由は体のコリや疲れの原因はそうした体液や血液の循環が滞ることによって疲労物質が溜まること、そして老廃物や毒素が溜まってしまうことにあるからなのです。

 

 

 

気の流れともいいますが、そのスムーズな流れがないと決して体を健康に保つことは難しいです。治療のほとんどはそれに尽きるといっても過言ではないくらいです。また体に疲労物質が溜まっていると、頭痛や体の節々の痛みなども引き起こされるので体の不調の原因は、ただ体の気の巡りが悪かっただけ、というのも実際にはよくあるケースです。

 

 

 

血液とリンパは常に体の中を巡り、新陳代謝を繰り返す助けにならないといけません。いつまでも代謝されない無用なものを抱えたまま体内を巡るとどうなるかというと、疲労物質や毒素がまた体のどこかに残って、そのままになる可能性があります。

 

 

 

どんどん顔色は悪くなるし、体重は増えるし、便秘や食欲不振になるしでどんどん悪循環に陥っていくかもしれません。余計なものが沢山含まれていれば当然体液、血液の流れが悪くなっていきますので、疲れが取れず、疲労は蓄積する一方です。

 

 

 

マッサージはそうした状態の体へのカンフル剤の役割も果たしてくれます。筋肉や間接の痛みもそうした疲労物質が溜まっていることで引き起こされるのでまずは気の流れを確保し、体の中の汚れ、毒素を出してしまうのが先決になります。